歯科衛生士勉強会TENDERSPACE8期生募集

口腔内写真(5枚法)
07. 側面観 手順

2:50

・口角鉤の挿入
・撮影の手順とポイント

※考え方や方法は様々あります。この動画でお伝えする内容はラプレッスンで推奨する方法です。

◇側面観の撮影
①口角鉤を入れ替える
・正面観を撮影後、右側の口角鉤を外す(左側の口角鉤は患者さんにお持ちいただく)
・少量の水で濡らした側面観用の口角鉤を右側に挿入し、そのまま撮影者が把持しておく

②中心咬合位の位置づけ
・カチカチ噛んでいただいた時の自然な咬合位置で噛み合わせていただく
・歯間乳頭や歯頚部を乾燥させ、唾液を飛ばす

③右側面観の撮影
・撮影者は正面観とカメラレンズが平行になるようにカメラを構え、咬合平面が水平になるように構図を決める
・上顎犬歯あたりにピントを合わせて撮影を行う

④口角鉤を入れ替える
・口角鉤を片方づつ外す
・患者さんのお口の周りが濡れている場合はティッシュなどで水分を拭き取り、不快感を取り除く
・右側に正面観用の口角鉤を挿入し患者さんにお持ちいただく
・左側に側面観用の口角鉤を挿入する(左手で挿入できると撮影がスムーズになる)

⑤中心咬合位の位置づけ
・カチカチ噛んでいただいた時の自然な咬合位置で噛み合わせていただく
・歯間乳頭や歯頚部を乾燥させ、唾液を飛ばす

⑥左側面観の撮影
・撮影者は正面観とカメラレンズが平行になるようにカメラを構え、咬合平面が水平になるように構図を決める
・上顎犬歯あたりにピントを合わせて撮影を行う

⑦口角鉤を外す
・口角鉤を片方づつ外す

※今回は撮影者が側面観用の口角鉤を把持して撮影を行いましたが、患者さんにお持ちいただけるとよりスムーズな撮影を行うことができます。

いいと思ったらポチっとお願いします!
他のレッスンを見る

少しだけ宣伝させてください!

歯科衛生士勉強会TENDERSPACE8期生募集
歯周病説明ツール学習キット