ポジショニング
01. 術者ポジション

2:48

<確認してみよう!>
・からだに無理のない術者の姿勢
・自分に合ったイスの高さの合わせ方

※考え方や方法は様々あります。この動画でお伝えする内容はラプレッスンで推奨する方法です。

・肩こりや腰痛を予防できる術者ポジション
椅子の座り方が足の位置や手の角度などに影響があります。
不自然な座り方をしていると、せっかくスケーリングのストロークなどを練習しても上達しにくいということもあります。

[高さ]
・膝の角度が90°くらい
・太ももが床と水平になる高さ

[座る位置]
・体の中心軸に重心がのる位置
・座面の7〜8割のところに座る

[フットペダルの位置]
・遠すぎたり近すぎない、適切な位置

※椅子が高いと前のめりになりやすくなる=覗き込み姿勢になりやすく、腰痛や首凝りの原因に。

いいと思ったらポチっとお願いします!
他のレッスンを見る

少しだけ宣伝させてください!

ラプトレ レッスン
ラプレショップ | 歯科グッズ, 歯科説明ツール, 患者啓蒙ポスター,バッチ,文具
歯周病説明ツール学習キット
歯科衛生士の学び場