仰臥位で撮る口腔内写真12枚法
14.上顎咬合面観の撮影ポジションと手順

2:15

・カメラの設定
・上顎前歯部咬合面観を撮影する時の撮影者と患者ポジション
・撮影手順について

※考え方や方法は様々あります。この動画でお伝えする内容はラプレッスンで推奨する方法です。

<カメラの設定>
・一眼レフ:倍率1/2.3倍 or 1/2.5倍 マニュアルモード
・アイスペシャル:倍率1/2.5倍

<上顎咬合面観の撮影者ポジション>
(上顎前歯部口蓋側面観の撮影者ポジションと同じ)
・撮影者は患者さんの右側に立ち撮影を行う
・チェアの高さは太ももの付け根から15-20センチほど下になるように設定する
・お顔はやや右に向いていただいたまま、顎を軽く下げていただく

<撮影手順>
①咬合面用口角鉤で口唇(口角よりやや上側を)広げる
②ミラーを片方の角から順に挿入する(ミラーの裏側が下顎前歯部に触れるように広げる)
③口角鉤の持ち手とミラーの角度が90度になるように広げる
④ミラーと上顎7番を約1cm離す(ミラーと7番が近すぎると実像が映り込みやすくなるため)
⑤口角鉤を上顎5番あたりに移動させる
⑥エアーをかけ、歯牙や粘膜の唾液を飛ばす
⑦撮影者のポジションから撮影時チェックポイントを確認し条件がすべて満たされていればカメラを構える(先にカメラを構えてしまうと、修正するのに時間がかかり規格写真を撮影するのが難しくなる)
⑧もう1度チェックポイントをクリアしていることを確認してシャッターを押したら撮影した画像を確認し、5枚法の撮影を終了します。

※ミラーを口腔内に挿入により痛みや苦痛を与えやすい部位です。
そうならないようにするには、ミラーを広げる角度・チェックポイントの把握、ミラーを広げてからシャッターを切るまでの時間を短縮できるように意識しましょう。

いいと思ったらポチっとお願いします!
他のレッスンを見る

少しだけ宣伝させてください!

ラプトレ レッスン
ラプレショップ | 歯科グッズ, 歯科説明ツール, 患者啓蒙ポスター,バッチ,文具
歯周病説明ツール学習キット
歯科衛生士の学び場