シャープニング 実践編
02. 2・4・6・8・10番のスケーラーの研ぎ方

2:39

・前歯、小臼歯、臼歯頬舌側用における偶数番号スケーラーの研ぎ方
・カッティングエッジの向き
・シャープニング手順のおさらい

※考え方や方法は様々あります。この動画でお伝えする内容はラプレッスンで推奨する方法です。

◇前歯、小臼歯、臼歯頬舌側用の偶数番号スケーラーの研ぎ方

・スケーラーはかかとが自分の方を向いた状態で先端が向こうを向いた状態で左手に持つ(カッティングエッジが右側にあることを確認する)
・砥石を右手に持つ
・シャープニングの手順に沿って研ぐ

[シャープニングの手順]

1.砥石を床と平行に持ち、スケーラーの第一シャンクを砥石に垂直にのせます

2. 第一シャンクを左に約20度倒し砥石とエッジの内面を平行にします
(スケーラーの内面にハッキリと光を反射するところが砥石と平行な位置・平行がわかりにくい場合は、スケーラーを持つ手を自分の方に近づけて、スケーラーの内面を上てエッジの内面がよく見えるようにする)

3.砥石を垂直に立てる

4.砥石を20度右に傾ける

5.砥石を2~3cmの幅で動かしスケーラーを研ぐ
※砥石は直線的に早く動かしているのではなく、スケーラーの背面をイメージして軽い弧を描くように優しく動かします。砥石をスケーラーに押し付けたりせずに、表面に軽く当てる程度の力で研ぎましょう。力が入りすぎているとキーキーを甲高い音が出ますが、正しい力で研いでいるとスースーという音になります。研いでいる時の音を聞いて確認しましょう。

6.ダウンストロークで終える

いいと思ったらポチっとお願いします!
他のレッスンを見る

少しだけ宣伝させてください!大阪で勉強会をやっています。

テンダースペース7期生募集 テンダースペース7期生募集