シャープニング 実践編
05. 11/12番のスケーラーの研ぎ方 その2

2:18

・臼歯部近心用スケーラーの研ぎ方
・カッティングエッジの向き
・シャープニング手順のおさらい

※考え方や方法は様々あります。この動画でお伝えする内容はラプレッスンで推奨する方法です。

[12番のスケーラーの研ぎ方]

・スケーラーの先端が自分と反対に向くように持って、カッティングエッジが右側にある状態で持つ
・左手に砥石を持つ
・シャープニングの手順に沿って研ぐ

1.砥石を床と平行に持ち、スケーラーの第一シャンクを砥石に乗せて垂直にします:この時にすでにハンドルは開いた状態

2. 第一シャンクを左に約20度倒し砥石と内面を平行にする:平行がわかりにくい方は、スケーラーを持つ手を自分の方に近づけて、スケーラーの内面を上から見る→エッジの内面をよくみて光をハッキリと反射するところが砥石(床)と内面が平行な位置
この時のハンドルはさらに開いた状態になっています。

3.砥石を垂直に立てます。砥石とスケーラーを合わせます

4.砥石を20度右に傾けてカッティングエッジと密着させます
※側面を研ぐことに慣れてきたら、かかとを研ぐことを意識しましょう


◇かかとの研ぎ方
かかとの研ぎ方は、ハンドルを手前側に少し倒して、かかとに砥石を回しこみやすくします。
原型のままを維持するためには、SRPで消耗しにくいかかとを多めに研ぐ必要があります。かかとを研いだら左手を元に戻して側面を研いでいきます。

5.砥石を2~3cmの幅で動かしスケーラーを研ぐ

6.ダウンストロークで終える

いいと思ったらポチっとお願いします!
他のレッスンを見る

大阪で開催!DH勉強会8期生募集中!

歯科衛生士勉強会TENDERSPACE8期生募集

少しだけ宣伝させてください!説明したくなるなるやつです!

歯周病説明ツール学習キット