メインテナンスの流れ
14. プロフェッショナルケアその2

バナー
2:13

・メインテナンス時のプロフェッショナルケアの流れ その2
・患者さんに合わせたメインテナンス内容の考え方

※考え方や方法は様々あります。この動画でお伝えする内容はラプレッスンで推奨する方法です。

※歯周検査結果を元にケア内容を考える
・炎症のない歯肉 4mm未満 BOP(-):歯肉縁上のケアを中心に行う
・炎症がある歯肉 4mm以上 BOP(+):歯肉縁下のケアが必要

<歯肉縁下ケア>
・歯周検査表を元に、BOP(+)部位の歯根面をエキスプローラーでチェックし炎症の原因を探る
・歯石・ざらつきを探知した場合:キュレットスケーラーや超音波スケーラーを使って丁寧に除去する

・歯周ポケット内に浮遊する非付着性細菌を除去する:超音波スケーラー or シリンジ
(超音波スケーラー:チップの選択・動かし方・パワー、水量調整が重要)
・炎症のある歯周ポケット底部は歯周組織が弱っているため、底部を傷つけないよう力を抜き、細菌を流すようにゆっくり動かす

補足情報 メインテナンスの呼称について
このカテゴリでは、治療後の定期来院についてメインテナンスと呼んでいます。
いいと思ったらポチっとお願いします!
他のレッスンを見る

少しだけ宣伝させてください!

ラプトレ レッスン
ラプレショップ | 歯科グッズ, 歯科説明ツール, 患者啓蒙ポスター,バッチ,文具
歯周病説明ツール学習キット
歯科衛生士の学び場