苦手をなくそうSRP 基礎編
04. スケーラーを持つ前にチェック!

2:19

・正しい座り方
・スケーラーを持つ前の事前確認すること

※考え方や方法は様々あります。この動画でお伝えする内容はラプレッスンで推奨する方法です。

<スケーラーを持つ前にチェック>

■正しい座り方
正確なキュレットを操作するうえで大切なこと
・施術部位がよく見えること
・無理のない姿勢で行うこと
術者が行いやすいということは、患者さんのストレス緩和にも繋がります。

安定感のある術者の座り方
・椅子に深く座る
・靴底を床にピッタリつける
・足の先は少し外側に向くくらい(内股にならないように)
・前の方の高さのまま使用せず、自分の高さに合わせる
・足は骨盤ほどに開く
(足を大きく広げすぎている場合は・・・きっと患者さんの位置付けが合っていません)
・横から見ると膝の角度90度弱ぐらい

疲れにくい安定する座り方を身につけましょう。
意識をすれば必ず変わります!


■事前の準備
SRPを行う前に2つの確認をしましょう。

①爪の確認。
口腔内にはもちろん口腔外にもレストを取る為、爪は伸びていないか?チェックしましょう!

②グローブのはめ方
歯肉の中にキュレットを入れて、歯石の除去を行います。
見えないところを探るには手指の感覚がとても大事になってくる為、グローブはぴったりとはめましょう。
手の小さい方は必ず指先にたるみがないことを確認しましょう。
また、分厚いグローブも感覚が鈍くなりやすいので薄手の物を選びましょう。

いいと思ったらポチっとお願いします!
他のレッスンを見る

少しだけ宣伝させてください!

ラプトレSRPレッスン
歯周病説明ツール学習キット
歯科衛生士の学び場